海外からプレイステーションネットワーク(PSN)でゲームを購入する方法

PS4の新しいゲームをネットワーク上でダウンロード購入しようとしてツんだ話です。
前提として、

  • 海外に住んでいる(海外のIPアドレス)
  • 日本のPSNアカウントを持っている
  • 日本発行のクレジットカードを持っている

この条件をもとに話を進めますね。

海外からのクレジットカード利用が拒否される

まず、PS4から通常通りゲームをダウンロード購入しようとします。

「現在登録されているクレジットカード情報が無効です。[PSN?] > [アカウント管理] でクレジットカード情報を確認してください。(WC-40382-7)」

すると、クレジットカードが無効ですと怒られてしまい、決済ができません。PSNは、日本発行のカードでも原則、海外からのアクセスでは決済を受け付けない仕様になっているようです。(原則と書いたのは、問題なくできる人もいるようなのでケースバイケースです)

VPNも拒否する鬼仕様?

このような時に、すぐに考え付くのは海外のIPでなければいいんだ!ということでVPNを使う方法です。接続IPを日本のものにしてしまえば、つながるはずです。幸い、PSNはパソコン版のホームページも用意してあります。

Play Station Network Account setting

PSNのアカウント管理画面

パソコンでVPNを使用しアクセス元を日本のIPアドレスに換えた後に「ウォレット」にアクセスすると・・・。

example of Play Station Network Access Denied

日本のIPアドレスなのにアクセスが拒否された

なんと、アクセス拒否に見舞われました。これは予想外でした😞。VPNに使うサーバーを変更してみても結果は同じ。どのような対策かは分かりませんが、「VPN利用」を何らかの方法で検知しているのかもしれません。ちなみに私が利用しているのは、筑波大学の公開VPNサーバーでした。

発想の転換が必要か・・・

ネットで検索すると、VPNを使う方法ですんなり決済できた人もいるようです。しかし、私の場合はいろいろ試すもダメ。海外からのカード利用で、あれこれ試行錯誤するとロックがかかってしまうので、妙案が浮かぶまで、カードは諦めることにします(いさぎよさも大切!笑)。

2016 9/26 追記:
VPNの検知方法について調べるうちに解決法が見つかりましたので次の記事にまとめています。
VPN対策ではじかれてしまうサイトを考える

PSNのウォレットにチャージするには、カード決済だけでなく「コード番号」を使う方法もあります。子供がコンビニで「プレイステーションストア・カード」を現金で買ってきて、家でチャージするとかに需要があるのだと思っていました。

こんなカードですね。このカードには、コード番号が印刷してあってそれをPS4の画面で入力するとチャージができる仕組みです。ということは、このストアカードを日本にいる友人や家族などに買ってもらい、番号を伝えてもらえば、世界中どこにいてもとりあえずはチャージができ、ゲームを買うことができます。とってもアナログな方法ですが・・・。

PSNカードを安く買うには

ただ、ゲームカードごときでわざわざ友人に頼み事をするのも気がひけますよね。そこで、オンラインで完結する方法は無いのか調べると、ギフトカード売買サイト「amaten」なるものを見つけました。

設立から10年ほどの歴史があるようで、AmazonカードやiTunesカードなど同じようなギフトカードをネット上で売買するのを仲介するサイトです。 PSNカードの場合は、おおむね券面の95%~98%で取引が行われているようですので、普通にクレジットカードを使う時よりも有利ですね。 web capture from amaten service

amatenの仕組みで感心したのは、購入すると即座にコード番号が表示されることです。そして、PS4のチャージ画面に入力し、実際にその番号が有効かどうかを確認。万一、偽物であった場合は30分以内にエラー申請をすると、返金を受けることができます。オンラインでのやりとりですが、こうした不正防止の仕組みがあると安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE